トップメッセージ

  1. トップ
  2. IR
  3. 経営方針
  4. トップメッセージ
【写真】株式会社ベガコーポレーション 代表取締役社長 浮城 智和

株式会社ベガコーポレーション

代表取締役社長

【サイン】浮城 智和

株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申しあげます。

2022年3月期は、新型コロナウイルス感染症変異株の拡大により、家具・インテリアに対する需要及び国内EC利用に対する需要並びに越境EC利用に対する需要は引き続き堅調に推移し、家具・インテリアEC事業のLOWYA(ロウヤ)及び越境ECプラットフォーム事業のDOKODEMO(ドコデモ)の両事業におきまして、良好な事業環境が継続いたしました。

主要事業であるLOWYAにおきましては、2021年3月期における家具・インテリア需要急伸からの反動減があったものの、底堅い需要を支えにGMV(流通総額)は前期比92.6%となりました。利益面では、世界的なサプライチェーンの混乱及び円安の影響により、原価率が悪化いたしましたが、継続して取り組んでまいりました物流コストの見直しは引き続き順調に進捗しており、変動費全体の悪化を軽減することができました。

また、LOWYA旗艦店を中心に更なる事業規模拡大を実現すべく、モバイルアプリのダウンロードを通じた会員化の促進、SNSマーケティングの強化による認知度向上、従来手薄であったカテゴリにおける新商品投下等、成長加速を促す各種施策にも戦略的に取り組んでまいりました。さらに、従来は自社プライベートブランドによるヒット商品、高利益率商品の開発に注力してまいりましたが、2020年11月より、将来的なLOWYA旗艦店のプラットフォーム化に向けたテストとして、他社ブランド商品の取り扱いを開始し、2022年3月末までに計1,519商品を取り扱う等、順調に商品点数を拡大することができました。従来LOWYAでは取り扱いのないカテゴリ及びブランドの商品が拡大したことで、新規ユーザー及びリピート受注双方の獲得に向けた準備が整いつつあります。引き続き、自社プライベートブランドの新商品開発と他社ブランド商品の取り扱い拡充という両施策を推進し、流通総額の伸長に取り組んでまいります。

新規事業であるDOKODEMOにおきましては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により渡航が制限される中、インバウンド消費の代替として越境EC利用に対する需要が引き続き堅調に推移し、あわせて、広告費も増額させた結果、流通総額は前期比183.3%と大幅に伸長いたしました。

株主の皆様には、今後とも格別のご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

2022年5月
代表取締役社長 浮城 智和