2018年新卒入社 クリエイティブデザイン部
デザイングループ
深水 大悟

Fukami Daigo
デザイナー × クリエイティビティ
Designer × Creativity

デザインの価値を追求し続け、
デザインの第一人者を
目指していく。

仕事内容

LOWYA全体の商品LPページのデザイン制作、販売までの商品情報の管理・登録、公式Instagram関連のデザイン制作、その他各種デザイン案件を幅広く対応。若手社員に対するデザイン指導も行っている。

【インタビューカット】クリエイティブデザイン部デザイングループ 深水 大悟

わかりやすさ、
伝わりやすさを追求する

LOWYAで販売する家具や雑貨の商品ページのデザインをメインに行っています。そこで重視しているのは、分かりやすさと伝わりやすさ。どんなにオシャレでも分かりにくく、伝わりにくいものはデザインとしての価値がないと考えます。LOWYAはリアルな店舗がないからこそ、いかにお客様にわかりやすく、商品を理解してもらうかが重要。例えばランドセルがあった場合、ただおしゃれにランドセルを紹介するのでは意味がありません。お客様が実際に手にとったかのような疑似体験・追体験をデザインします。ランドセルを手に取る。開ける。正面、背面、横、中身、中を覗くなど、人の目線やリアルな体験を想定します。それをどうビジュアルやレイアウト、デザインを使って表現するかを日々追求しています。商品についても深く学ぶので、愛着もありますし、推しポイントはここだ、と分かってくる。だからこそ自分が担当した商品にレビューやお客様の声が返ってくるとデザイナーとしてのやりがいを感じる部分でもあります。

【仕事風景】クリエイティブデザイン部デザイングループ 深水 大悟

公式SNSのデザインを通じて
ブランド構築に貢献していく

LOWYAがInstagramの公式アカウントを始めた頃は、まだ3万人くらいのフォロワーでした。その時代からデザイナーとしてアカウントの運用やフィードの画像デザイン制作、ストーリー制作に関わっています。ただ商品を紹介するだけでなく、それをどう見せるか、メインのフォロワーである女性ターゲットの気持ちやニーズに合わせてアカウントで使うデザインを整備。関わり始めて2年ほどで80万以上の方々にフォローいただきました。現在はInstagramから毎日、何千、何万人とLOWYAの公式サイトに訪れてくれる人がいるほどに育ちました。デザイナーとして、その一翼を担えたことはとても嬉しく思っています。

【仕事風景】クリエイティブデザイン部デザイングループ 深水 大悟

VEGA corporationのデザインの
第一人者として活躍したい

社内の様々な部署から深水にデザインを依頼したいと指名をいただくことが多いです。その結果、商品LPなどの商品に直接関わるデザインだけでなく、ブランドのタイアップに関わるデザインや、新しい商品やブランドのロゴデザイン、SNSの相談など、年々関わるデザインの幅が広がっています。LOWYAに限らず、会社全体のデザインに関わることなら深水だと言われる存在になっていきたいと思います。

profile

熊本デザイン専門学校卒業。在学中はグラフィックデザインを中心に学ぶ。幅広いテイストのインテリアと一気通貫型の事業に興味を持ち、新卒3期生として入社。入社後はLPデザインやSNSのデザイン等に関する業務を対応しています。
趣味/絵を描く、フィルム写真を撮る、ゲームをする(PS5)

ビジネスグロースWORK事例

view more

クリエイティビティWORK事例

view more

テクノロジーWORK事例

view more