コーポレート・ガバナンスの
取組みに関する基本方針
当社は、企業価値の持続的な増大を図るには、コーポレート・ガバナンスが有効に機能することが不可欠であるとの基本認識のもと、ガバナンス体制の充実強化に努めております。
まず、株主に対する説明責任を果たすべく、適時かつ適切な情報開示の実施と経営の透明性の確保を重視しております。また、変化の速い経営環境に対応して、迅速な意思決定及び業務執行を可能とする経営体制を構築するとともに、経営の効率性、有効性及び法令遵守を担保する経営監視体制の充実を図ってまいります。
さらに、健全な企業風土や倫理観に基づくコンプライアンス体制を確保し、株主、債権者及び顧客をはじめとするステークホルダー(利害関係者)の信頼を得て、グローバルな事業活動を展開していく方針であります。
今後も当社の成長に応じてコーポレート・ガバナンスの体制を随時見直し、企業価値の最大化を図ることに努めてまいります。

コーポレート・ガバナンス体制図

株主総会体制図