2010年中途入社 商品開発部部長 時 苗苗

Toki Myomyo
ビジネス系総合職 × クリエイティビティ
Generalist × Creativity

つくりたいのは、新たな文化

仕事内容

お客様の課題解決と多様なニーズに応えるため、日々商品開発に取り組んでいます。
商品の企画を実現するため国内外を飛び回り、量産に適した工場の選定、品質管理など一連の連携業務を担う部門。

【インタビューカット】商品開発部部長 時 苗苗

時代にチャレンジする

前職で燃え尽きたパワーをどこかで再燃させたい。そんな時、出会ったのがベガでした。「チャレンジできるよ」と口にするのは簡単ですが、実際にチャレンジする環境をつくることは難しいと思います。その中で、私はベガで沢山のチャレンジする機会をもらいました。チャレンジしていく中で気づいたのは「失敗を責めない」と「仲間」。この二つが自分自身とチーム、そして会社を成長させるのだと気が付きました。入社して今まで、「失敗」を責められたことはありません。だからこそ、マネジメントをする立場になった今、私が「失敗」を責めることはありません。ただ、当然失敗したら落ち込みます。そんな時、常にそばにいてくれたのは仲間でした。失敗し、落ち込んで一人で帰ろうとした際に、チームのメンバーがエレベーターの前で待っていてくれたことがありました。チームのためにもまだまだ成長しないといけないと感じたこと、今でも忘れません。私たちが今チャレンジしているのは「時代」です。商品が売れたとき「お客様に認められた」ではなく「時代に認められた」と感じることが出来ます。仲間たちと沢山のチャレンジな失敗を経験しながら果敢に時代にチャレンジしていきたいです。

【仕事風景】商品開発部部長 時 苗苗

個性×個性がトレンドを生み出す

商品を開発する上で意識していることの一つに「ユーザーの生活の一部に」という考えがあります。今までは、品質や価格、トレンドといったところに重きをおいていました。もちろん今も、その点には注力しています。しかし、それだけでは「ただの家具屋」になってしまいます。「時代に合わせた家具屋」も素晴らしいですが「時代を創る家具屋」を目指しています。最近ではSNSに日常を投稿する機会が増え、その投稿に映りこむ空間はその人の世界観であり、アイデンティティだと思います。その「空間」を創り出すのが私たちの仕事です。一人一人の個性を引き出し「空間」を創り出す私たちだからこそ、私たち自身も自分たちの個性を大事にする必要があります。会社での髪型や服装も、チャレンジの仕方も一つの個性です。私たちの「個性」と「個性」のシナジーが新たな「空間」を創造しユー ザーの生活の一部になっていくのが理想です。

profile

大学卒業後ブライダル・ホテル業界に就職。
言語力を生かせる仕事がしたいという思いから、当時のベガコーポレーション貿易部に入社。バイヤーとして、商品数300アイテム以上の企画、開発に携わる。担当取引先は海外が多いので、展示会やメーカー訪問で年間の約5分の1は海外出張。
将来の夢/好きな街で「ポツンと一軒家」を作る

ビジネスグロースWORK事例

view more

クリエイティビティWORK事例

view more

テクノロジーWORK事例

view more