2020年中途入社 基盤開発部情報システムグループ 浅田 良平

Asada Ryohei
エンジニア × テクノロジー
Engineer × Technology

データという
経営資源を活用し、
DXを推進していく

仕事内容

経営企画室やシステム部にて経営ボードデータへの可視化や貿易生産管理システムのリプレイスに携わる。
BIツールを駆使しながら物流部門や貿易部門、生産管理などやSCMなどのデータ統合を担っている。

【インタビューカット】基盤開発部情報システムグループ 浅田 良平

データという経営資源を預かる仕事

経営企画室やシステム部に在籍しているためVEGA全体やLOWYAの膨大なデータに触れる機会があります。海外メーカーとの貿易データから始まり物流、生産管理、販売データなどありとあらゆるデータが集まります。私はそういったデータを様々な切り口で加工・見える化。経営ボードの方々が戦略策定やさまざまな判断を行う際の検討材料をつくっています。VEGAの場合、バリューチェーンが長いため本当に様々なデータがあり、多角的な視点からデータ分析、経営視点を取り入れながら業務に取り組める面白さがあります。

【仕事風景】基盤開発部情報システムグループ 浅田 良平

本当に必要な仕事だけに
集中してもらえる環境をつくる

データを見える化していくと、もっとシステムやAIによって効率化できる業務プロセス、省ける工程が見えてきます。例えば私が関わった海外メーカーとの貿易システムはそのひとつです。膨大な種類のLOWYA商品を製造する海外メーカーもまた膨大な数になります。商品を作るにはそのひとつひとつのメーカーと発注、進捗管理、納品管理をする必要があります。しかし、商品の仕様やメーカーがどこの国にあるかなど条件は様々。一括して管理することは難しく、個別にメールなどで細かく調整をしていく必要がありました。それでは成長するLOWYAのスピードに追いつけません。そこで海外メーカーとのやり取りで、LOWYAのどんな商品を、どこの国の、どんなメーカーに発注し、今はどの製造段階なのか、輸送段階なのか、何かトラブルが発生しているのかなど、現在のステータスが一目でわかる貿易生産管理システムを開発中です。完成すると、LOWYAの仕入れ担当者はもちろん、メーカー側も細かな確認作業や書類のやりとりがなくなり、その分、商品の企画やものづくりそのものに時間を投資できると思いました。

【仕事風景】基盤開発部情報システムグループ 浅田 良平

ECの企業なんだけど、
DX企業だと思う

先程も申し上げましたが、VEGAのビジネスは貿易という最上流から物流、倉庫、販売、配送、お客様フォローまで、バリューチェーンが長いことが特徴です。そのありとあらゆる工程をDXによって変革している最中です。それができるのは事業会社でありながら優秀なエンジニアを社内に抱えているからこそなんだと思います。事業を行いながら、改善ポイント、DXポイントを発見したら即座に変えていく。そのクオリティとスピードはとてつもなく早い。LOWYAというECをやってる企業なんだけど、DXにとても強い会社がVEGA。そんなイメージを持ってもらえるといいなと思いますね。

profile

大阪府立高専、首都大学東京を卒業後、エンジニアとして働く。経理職を経験後、再びエンジニアに。漫画アプリ、乙女ゲームアプリ、ノベルアプリの立ち上げなどを経験。業務の幅を広げたいということでベガに入社。狙い通りに様々な業務を経験できている。
趣味/飲食店開拓、ゴルフ(チャレンジ中)、好きな漫画/封神演義、ワールドトリガー

ビジネスグロースWORK事例

view more

クリエイティビティWORK事例

view more

テクノロジーWORK事例

view more