第13回 「日本テクノロジー Fast50」を受賞

2015.10.20

ベガコーポレーション テクノロジー企業ランキングプログラム
第13回 「日本テクノロジー Fast50」を受賞

-85.05%の収益(売上高)成長を記録 -

 

IMG_3862

 

株式会社 ベガコーポレーション(本社所在地:福岡県福岡市博多区祇園町7-20代表:浮城智和)は、有限責任監査法人トーマツが発表したテクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(以下、TMT)業界の収益(売上高)成長率ランキング、第13回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」において、直近4年間の収益(売上高)成長率85.05%を記録し、50位を受賞いたしました。(http://www.deloitte.com/jp/fast50/2015

 

日本テクノロジー Fast50は、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(以下DTTL)が世界約40カ国および北米・欧州・アジア太平洋地域の3地域ごとに実施しているランキングプログラムの日本版で、TMT業界での成長性や成功のベンチマークとなっています。上場・未上場企業を問わずTMT業界に含まれる企業からの応募をもとに、直近4決算期の収益(売上高)成長率の上位50社がランキングされます。プログラムの詳細は、http://www.deloitte.com/jp/fast50をご覧ください。

EC市場規模は年々大きな伸び率をみせるなか、当社においても引続き充実した商品とサービスで、成長して続けてまいります。

 

【テクノロジー Fast50プログラムについて】

 Fast50は、国際会計事務所組織 デロイト トウシュ トーマツ リミテッドのランキングプログラムの日本版であり、TMT業界の企業を過去4年間の収益(売上高)成長率で順位付けします。指標を収益成長率としていることにより、企業規模によらない成長性を表わすランキングとなります。上場・未上場企業に関わらず、応募が可能です。なお、Fast50の応募企業は、自動的に、アジア太平洋地域テクノロジー Fast500の候補企業となります。対象となる事業領域は、ハードウェア、ソフトウェア、通信、メディア、ライフサイエンス、クリーンテックです。